『火星パンダちとく文学』情報は、未確認迷惑ブンガク物体ブログで!

地下城の最近のブログ記事

誰も祝ってくれないから(笑)

|

せめて3年ぶりに記事にしちゃえ。

ちょうどいい時期に、未公開物件3,480万円の案内が来た。
場所と広さが条件を満たしていたから、家族そろって現地を見に行った。
現地まで、公開物件を見に行ったのは4度目だったが、前の3回に比べて良かった。文句を言うところもなかった。
翌週、俺だけ不動産屋の事務所に行ってお金の話をした。
月々9万円~10万円程度で35年ローンを組むことが出来ると分かった。
同じ広さのマンションを借りたら賃料はもっと高い。
同じ広さのマンションを購入したらもう少し安く済むかもしれないが、新築物件は小さいながらも庭があったし、屋根裏部屋があったし、駐車スペースもあった。
今の団地は既に狭すぎた。
というわけで、とにかくローンの事前審査を依頼した。
翌週、審査OKということになって、さらに翌週、家族揃って不動産屋の事務所に行って建築屋も来て、家屋の詳しい説明を聞いた。
一般的な建売より丁寧に作られる、注文部分が多く残された物件だった。
その日は、契約の前段階で、購入依頼申込書だけ記入した。これで、購入一番権を獲得?ということになるらしい。
注文部分のカタログをどっさりもらった。
またその翌週、本契約ということで、改めて家族揃って不動産屋へ。
宅建主任者から必要事項説明などがあり、建築屋に着手金50万円を手渡して、売買契約成立。
午前中いっぱいかかったが、翌週のショールーム見学や、銀行でのローン契約をスケジューリングされた。
工事の関係上、瓦の色とサッシの色を最初に決めなければならず、次の日早速、同じ建築屋の建てた家を見学にいったりした。
今日は、ショールームでキッチン、床、バス、トイレなどの色や仕様の説明を受けた。そのあと、役所へ行って、ローン契約に必要な書類を揃えた。
週明けにローン契約をして、そのあと不動産屋に自己資金100万円の残り50万円を入金する予定。

本日ローン契約。
3570万円を35年で。。。
そのあと、仲介手数料50万円振り込み。残高10万円になった。オフィスちとくに16万円残ってるのが救い。
この日の昼は、持ち株会の半分引き出しに着手した、約60万円になる見込み。
帰宅して、引っ越し費用のことを忘れていたことに気がついた。
ソファーも食卓もテレビ台も新調しなければならない。。。

もうすぐ40歳。。。

|

まもなく30代が終わる。
30代の10年間、結婚や転職や子育て、それから出版、退屈な10年ではなかった。
俺の周囲は、それなりに賑やかだったということで、俺は体力が落ちたのと毛が少なくなったこと以外、ほとんど変わらなかった。

ともあれ、最近40代など意識しなかったが、いくつか賑やかになりそうなネタあり。

1.そろそろ謹慎終わり。今まで2ヶ月間座ってるだけだったけど、謹慎の意味だったらしい。。。3年前の、営業職からシステム要員、というような甚だしい変化はないかもしれないけど。
2.「心が大事」での心理研究会参加予定。村松さんのライフワーク本命、さりげなく本格始動、どんなものになるか、まだ村松さんも分からないので俺は全然分からない。第一回は12月の見込み。
3.勤務先合併。1とかぶるが、体裁は吸収合併で規模は倍強になる。何か面白そうなきっかけがあれば、進んで転がりたい。

これから40代の10年間、恐らく、引っ越しとか第三子など生じる見込み。まだまだ倒れられないのであります。

今まで書いてきた文章で、公開していないものもいくつかある。
それらは、自分で気に入らなかったり、途中で行き詰ったり、文章ゼミでダメ出しくらったりした文章。書き直すのが億劫で、未だに当時のまま眠らせてある。
ところが最近、なんだか書く機会が増えて、ちょこちょこ書きなおしたりするようになった。
そもそもアマチュアの習作であるから、いくらでも書きなおせばいいのである。億劫は臆病に等しい。

ちょうど先日、掌編小説ゼミメンバーの輔さんが、執拗に書きなおしをしていた。以前から、ダメ出しの書きなおしを都度されていて、今回も刺激になったのでご紹介。
輔 s-2

同じゼミ10月で、chitokuもダメ出しくらっており、書きなおしと言うほどではないけど、いくらか加筆してみた。
先生の知らない少年 (13歳の秘密兵器)

今後、新規執筆よりも"書きなおし"に注力してみたいのでありました。

丁度良い機会の日に

|

作品や作品未満の習作掲載をメインに運営していた当サイト。
ところが、月に1回も更新されないのが現状。
毎日ではなくとも頻繁に更新している「深呼吸する言葉」「地下城朗読版」の親サイトでありたいと常々思案。
どうせ更新できないなら、ブログタイプでなくともいいかなと、静的な第七版を検討。
しかしながら最近、諸々の事情により、終日ネット閲覧な日々が続いており、今なら何か書けるかもしれない、とも。
本日、偶然バッタリ文章学校師匠の村松さんと会ったので、丁度良い機会ととらえたのでした。

さて村松さんは「おかえりバルコ! 第三回【DRAGON ART】祭」というアートイベントを主催、今日は搬入日とのこと。
実はchitokuも去年の4月「第2回【DRAGON ART】祭 おやすみバルコ!解体スペシャル」というイベントに出品。
すでに、一生に一度の思い出レベル...
それはともかく、展覧会にまつわる私の解けない謎。
なんで値段つけて売るの?という疑問。
これだから、chitokuは絶対に芸術家にはなれない(笑)。でも、売るためにつくるものじゃあないと思っているのです。精魂込めて、真剣につくるものだと思うのです、絵とか造形とか。
その、世界にひとつしかない作品は、書籍や楽譜や演奏などと明らかに違う、物理的な一個。
その稀有な創造物が、お金に換わる...芸術家がそれで食っているというのは分かるけど、食うためにつくってるみたいで、本人嫌じゃないだろうか、とか。
余計なことに気を回しすぎな感ありですが、chitoku出品の際には、他の人に合わせてとりあえず値札に5,000円とか書いたわけで、これは変な感じでした。
もちろん買う人なんていなかったけど。他の人のは何点か買われていて、とても不思議な気がしたりして。
というわけで、疑問の解消されない美術ド素人のカミングアウトなのでした。

地下城INDEX

★2009年6月末日まで「chitoku TシャツSHOP」にて、カブトTシャツご購入の方に『火星パンダちとく文学』進呈中!⇒お申込みはメールで、Tシャツの注文控えを添付して、chikajoアットマークchitoku.netへ送信してください。(注:Tシャツの返品はご遠慮ください。。。)

BlogPeopleLinks

プロフィール

■chitoku(ちとく) 1969年山梨県生。様々な業態、職種で会社員として勤務する傍ら、『文芸山脈』同人を経て「村松恒平 文章学校」の案内係としてメルマガ編集・発行及び「文章ゼミ」運営に参加する。「文集 地下城」は詩歌を含む習作掲載サイト。2009年4月、同門の上野家ぱん駄、火星紳士との合体作品集『火星パンダちとく文学』で掌編小説作家としてデビュー。

火星パンダちとくのちとくです。

あわせて読みたいブログパーツ

Stats Counter

  • 6893

Powered by Visitor Stats