今日から8週目、座っているだけの本社待機。初めてではないけれど、不祥事による急な引き揚げだったから、ぐうの音も出ない。
辞めたいなどと我儘も言えず、旧知の社員と談笑するわけにもいかず、ただ恐縮して座っているのである。
 *
発端は、9月12日から13日にかけての夜勤、私のWEBメールアクセスであった。
東京・丸ビル内の金融系客先システム部の現場では、業務以外の外部アクセスを禁じていた。それは別段珍しいことでもないし、現場内の携帯電話利用に制限はなかったので、勤務中の外部との連絡に何の支障もなかった。俺も、なるべくネット利用せずに過ごしてはいた。ただ、厳密なハードウェア上の制限はなかったから、必要があれば、アダルトや掲示板系以外の一般サイトには、いつでもアクセスすることが可能であった。
その環境で、就任4ヶ月、その日の夜勤にて、暇を持て余していた俺は、何の気なしに利用しているホスティングサイトにログインし、普段殆ど利用することのない「携帯表示用WEBメール」という付属機能を開いてしまった。
転送のみに設定しているメールアドレスだったので、単なる稼動確認同様の、一瞬のアクセスであった。馬鹿な話である。わざわざ勤務先でアクセスする必要など、微塵もなかったのである。

続く......

コメント(2)

SEって何?
SEXとは違うの?

コメント有難うございます。
。。。正解!違うよ♪

地下城INDEX

★2009年6月末日まで「chitoku TシャツSHOP」にて、カブトTシャツご購入の方に『火星パンダちとく文学』進呈中!⇒お申込みはメールで、Tシャツの注文控えを添付して、chikajoアットマークchitoku.netへ送信してください。(注:Tシャツの返品はご遠慮ください。。。)

BlogPeopleLinks

プロフィール

■chitoku(ちとく) 1969年山梨県生。様々な業態、職種で会社員として勤務する傍ら、『文芸山脈』同人を経て「村松恒平 文章学校」の案内係としてメルマガ編集・発行及び「文章ゼミ」運営に参加する。「文集 地下城」は詩歌を含む習作掲載サイト。2009年4月、同門の上野家ぱん駄、火星紳士との合体作品集『火星パンダちとく文学』で掌編小説作家としてデビュー。

火星パンダちとくのちとくです。

あわせて読みたいブログパーツ

Stats Counter

  • 6893

Powered by Visitor Stats