断章2005-2006

| | コメント(2)

実に単純なことだけれども、書いた文章の一番最初の読者は、書いた本人なのです。その本人が「変だ」と気が付かなければお話にならない。
自分の文章が気に入らないというとき、きっとその読みは当たっています、どこか変なのです。
自分の文章がとても気に入った、というときは要注意です。公表しても評判よろしくないとすれば、書く技術云々よりも「読者としてのレベル」を疑う他ない。つまり、一番最初の読者の「読みレベル」が低いのです。

書くことによって、何かを伝えたい、表現したいということだとすれば、何故書くことでなければならないのか。
話せばいいじゃないか。
何故、書くことに執着するかと言えば、他人の文章に魅せられて、こんな風に書いてみたい!と思ったからに他ならない。

他人の文章を「素敵だ!」と感じるのは、例えば街中で、他人の服装を「素敵だ!」と感じるのと同様なのである。
そのとき、その素敵な洋服やアクセサリーと同じものを身に着けたとしても、同じ効果が殆ど期待できないことを我々は知っている。その人、その人の体型、その人の顔つき、身のこなし、またそれぞれの組み合わせ、ほぼ無限の選択範囲から任意のひとつを選択することの困難さ!それは良く知っているのである。

我々は、「聞く」ことができなければ「話す」ことが出来ない。逆に、「話す」ことが出来ている時、「聞く」ことができるのは自明のことである。同様に、読めなければ書けないのである。更に言えば、正しく読めなければ正しく書けないし、深く読めなければ深みのある文は書けない。

文章そのものを読んで、その表現方法や語彙または構成などを研究しようとする時、内容やストーリーは二次的なものであり、文章そのものに直接関係はない。語彙を読み、係りを読み、それらを統合して初めて、文章の内容を知ることが出来る。

読む側に「読解」の努力が無ければ、書く側の意識も下がり続けるだろう。
「読解」の必要がない平易な文章に、果たしてどれほどの内容があるだろう。どれほどの深みがあるだろう。

面と向かって、身振り手振りを駆使しても伝えることが困難なことこそ、文章で表現してみる価値があるのだ。マンガやドラマの代替物ではないのだ。

文章を書く動機は、文章を読んだから。
何かキッカケがあって、それを伝えなければならないと思ったから、というのは欺瞞。言えばいい、話せばいいのに、わざわざ原稿用紙に向かう動機は、原稿用紙に向かいたいから。後世に残したいから、というのも欺瞞。何も本人が書く必要はない。石に刻む、録音するという手段もある。

「単純」とは、努力・精進の果てに漸く辿り着くことができる、尊いものであるようだ。
かつては身近なところに、たくさんあった気がする。

コメント(2)

他人の文章を「素敵だ!」と感じるのは、例えば街中で、他人の服装を「素敵だ!」と感じるのと同様なのである。

↑そうですね。自分を知らなきゃ、飾りようもない。飾るほどの自分さえない恐れもあったりして…。

しみじみ考えさせられるお話でした。

はなさん!

エラそうなこと言って恐縮です。どうも理屈が先行してしまう私です。
電気蚯蚓、とりあえずお疲れ様でした。次回作はゼミ外ですかね。
気が向いたら「幸太」のその後、読ませてくださいな。

地下城INDEX

★2009年6月末日まで「chitoku TシャツSHOP」にて、カブトTシャツご購入の方に『火星パンダちとく文学』進呈中!⇒お申込みはメールで、Tシャツの注文控えを添付して、chikajoアットマークchitoku.netへ送信してください。(注:Tシャツの返品はご遠慮ください。。。)

BlogPeopleLinks

プロフィール

■chitoku(ちとく) 1969年山梨県生。様々な業態、職種で会社員として勤務する傍ら、『文芸山脈』同人を経て「村松恒平 文章学校」の案内係としてメルマガ編集・発行及び「文章ゼミ」運営に参加する。「文集 地下城」は詩歌を含む習作掲載サイト。2009年4月、同門の上野家ぱん駄、火星紳士との合体作品集『火星パンダちとく文学』で掌編小説作家としてデビュー。

火星パンダちとくのちとくです。

あわせて読みたいブログパーツ

Stats Counter

  • 6893

Powered by Visitor Stats