何でもいいじゃないか

|

以前の地下城から使っていた、更新掲示板「地下城から」をはずそうと思っています。
せっかくBlogを導入したのに、ちっとも記事が増えないから。
「作品」にこだわっていたけれど、そもそも多作じゃないし、「作品」を意識すると筆が進まず、一行ニ行の文章にも1時間以上かかってしまう、所詮その程度の力量なのだと思います。
だったら、駄文でも日記調でもいいじゃないか、と開き直ってみたのです。とにかく、何でも書いてみないと!と考え直したのです。
もう少し楽に書けば良いのでしょう。決まって力んでしまう。↓↓↓

風邪をひいているせいか、子供は朝食を嫌がった。
ミルクだけは飲んで、だだをこねていた。
母は、パートタイムに間に合うよう、子供を保育園に連れて行かねばならなかった。
準備が整い母は、家を出る直前、いつもなら食事に混ぜる薬を子供の口に押し込んだ。
子供は一息に飲み干した。
直後子供は、ミルクと一緒に全て吐いて、母の衣類は、汚れてしまった。
母の悔しさは怒りとなり、汚れた衣類は洗濯機に叩きつけられた。
残念ながら母よ、あなたに同情の余地はないのだ。

地下城INDEX

★2009年6月末日まで「chitoku TシャツSHOP」にて、カブトTシャツご購入の方に『火星パンダちとく文学』進呈中!⇒お申込みはメールで、Tシャツの注文控えを添付して、chikajoアットマークchitoku.netへ送信してください。(注:Tシャツの返品はご遠慮ください。。。)

BlogPeopleLinks

プロフィール

■chitoku(ちとく) 1969年山梨県生。様々な業態、職種で会社員として勤務する傍ら、『文芸山脈』同人を経て「村松恒平 文章学校」の案内係としてメルマガ編集・発行及び「文章ゼミ」運営に参加する。「文集 地下城」は詩歌を含む習作掲載サイト。2009年4月、同門の上野家ぱん駄、火星紳士との合体作品集『火星パンダちとく文学』で掌編小説作家としてデビュー。

火星パンダちとくのちとくです。

あわせて読みたいブログパーツ

Stats Counter

  • 6893

Powered by Visitor Stats